もつ鍋のもつ美容効果と意外な落とし穴

冬の寒い時期には、家族で鍋を囲む事も増えます。寒い時期の鍋は、心も体も温まりますし、今では、色々な鍋があります。寄せ鍋、ちゃんこ鍋、キムチ鍋、カレー鍋、トマト鍋など、どんどん種類が増えてきます。鍋料理の良い所は、野菜がたくさん摂れるので、栄養面もばっちりなところです。

色々な鍋料理がありますが、おすすめはもつ鍋です。もつ鍋に入っているもつには、女性に嬉しい美容効果があります。もつには、何がたくさん含まれているかというと、美肌に欠かせないコラーゲンがたくさん入っています。でも、コラーゲンがたくさんだからといって、もつだけをせっせと食べていても美肌になる事はないのです。

もつだけを食べても、コラーゲンは肌には届きません。もつだけを食べるのではなくて、もつ鍋にして他の食材と食べる事で、コラーゲンは肌にきちんと届けられるようになります。コラーゲンというのは、体内にはいると1度アミノ酸に分解されてしまうのですが、このアミノ酸はビタミンCがあると、またコラーゲンに戻る事が出来るのです。ですから、ビタミンCがたくさんあれば、アミノ酸からコラーゲンになる量も増えるのです。

もつ鍋には、色々な野菜がたくさん入っています。ねぎやきゃべつ、もやしにニラ、しいたけなどのキノコ類です。これらの野菜やキノコ類には、たくさんのビタミンCが含まれており、お鍋にして野菜ともつを一緒に食べる事で、よりコラーゲンを体内で作る事が出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする