もつ鍋は野菜もたっぷりとれる

豚や牛などの臓物がホルモンで、これが入っているのがもつ鍋です。もつ鍋のイメージといえば、コラーゲンが豊富で美肌に良いということがよくあげられます。コラーゲンをとったからといってそれが全てコラーゲンとして使われるわけではありませんが、全く無意味というわけではありません。もつ鍋のポイントは、もつだけではありません。

その他に注目したいのは、野菜がたっぷり入っているということです。もつ鍋によく使われる野菜としては、キャベツやニラがあります。キャベツに多く含まれているのはビタミンA、B1、B2、C、E、Kなどのほぼ全てのビタミン類と、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ミネラル、です。特にビタミンCの量が多いです。

ニラは、ビタミンB1、B2、Cのほかに抗酸化作用の高いカロテンが含まれています。疲労回復や新陳代謝促進、美肌効果、など男性にも女性にも嬉しい効果が詰まっています。ニラには、体を温める効果も期待できます。冷え性の人であれば積極的に食べたい野菜です。

美味しいもつを見極めるポイントは、においと色です。においは、鮮度が落ちたものは臭みがあります。よくもつは臭いが気になると言われますが、鮮度の高いもつはそれほど臭いはしません。また、鮮度の落ちたもつをアルコール消毒している店もあるので、もしアルコール臭がしたら鮮度が落ちている可能性が高いです。

色はきれいなピンク色をしているものが鮮度が高い証拠です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする