もつ鍋をおいしく食べるお得な情報

もつ鍋は学生からお年寄りまで、幅広い年齢層に支持される鍋の1つです。しゃぶしゃぶやすき焼きと比べると、かなり安い価格で食べることができます。しかも、ニラなどの野菜もたくさん入れるので、満腹感は他の鍋と比べてもひけを取りません。また、自宅でも簡単に調理ができますので、家族で一緒に楽しく食べることができる鍋です。

そんなもつ鍋ですが、知っておくとさらにおいしく食べられるお得な情報がいくつかあります。1つ目が、もつを湯がくことです。家で調理したことがない方はご存じないかもしれませんが、沸騰したお湯にもつを入れ、ひとに立ちさせることで余分なあぶらが落ち、より食べやすい味わいになります。女性で脂身を気にされている方にもぴったりな調理方法です。

2つ目に、もつを炙る方法があります。これも湯がくことと同様の効果があり、余分なあぶらを落とすことができます。家で炙る場合は、魚焼き用のグリルで大丈夫です。3つ目は、からし高菜を鍋に入れることです。

福岡県など九州の方はご存知の方が多いのですが、ラーメン同様、からし高菜を入れると相性抜群で、高菜の酸味でホルモンも非常においしく食べられます。スープも絶妙の味になり、からし高菜を入れないともつ鍋じゃないという人さえいます。そして最後に、ちゃんぽん麺で締めることです。関東はそもそもスーパーでちゃんぽん麺そのものが売っていないケースもありますが、その場合は太めの焼きそば麺などでも代用可能です。

もつの味がしみこんだスープで食べるちゃんぽん麺は最高で、様々な鍋の締め方の中でも、もつ鍋のちゃんぽん麺が一番好きだという人は少なくありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする