鉄板焼きが会食に好まれるのはなぜ?

鉄板焼き屋さんといえば、ちょっと高くてあまり行く機会がないイメージもあるかもしれません。しかし逆手にとれば、そのほどよいきちんと感、かしこまった雰囲気が特徴でもあります。特に会食の席に好まれるのはそんな理由。今回は改めて、鉄板焼き屋さんの魅力を整理してみます。

まず、食事を楽しむ場である以上、「料理がおいしい」というのは大前提です。鉄板焼きは、複雑な調理法ではないからこそ、素材そのものの質が勝負。信頼できる食材をシンプルな調理法で楽しめるというのは、オトナの贅沢ともいえるでしょう。また、肉だけでなく、エビや牡蠣などのシーフード、野菜、シメにはごはんやお味噌汁もコースになっていることが多いので、お酒を軽く飲むだけでなく、しっかりお腹を満たすことで満足感の高い夜の会食を開くにはぴったりです。

次に、ライブ感のある調理も特徴です。鉄板焼きは、通常シェフが目の前の鉄板で焼いてくれるのを、客が囲むようなスタイルで席を設けられていることが多いです。会食で初めての会う人同士でも、その料理のプロセスを見て楽しんだりシェフとも会話できることで、自然とコミュニケーションが盛り上がります。席と席とも程よい距離感があるので、リラックスして食事や会話を楽しむことができるでしょう。

そして、最初にも書いた「落ち着いた客層」というのが、実は会食には非常に重要なポイントかもしれません。ある程度の価格に比例にする部分もありますが、若い人や女性客ばかりで賑やかすぎることもなく、和やかながらも仕事の話をする場として重宝できる雰囲気です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする