実は会食の時にも鉄板焼きは良い

忙しい現代社会において、ビジネスマンはたくさんのものと戦っています。家庭に変えれば父親として一家の大黒柱として家族を世間から社会から守っていく必要があります。自分のことよりも家族を優先して日々は過ぎていきます。仕事においても、働き盛りのビジネスマンは就業時間など関係なく毎日忙しく仕事をこなしています。

仕事の予定はなかなか自分で立てられるものではありません。取引業者やお客様、新規開拓先にまで様々な営業努力を行い、相手の時間や都合に合わせて商品の説明を行ったり、プレゼンテーションをしたりあるいは接待をして何とか自分の企業を売り込む努力を続けています。自信のある自社製品を選んでもらうためには当然製品の特長や質の良さを分かり易くアピールする必要があるのですが、その前段階が大変なのです。話を聞いてもらうためには信頼関係を築いていく必要があります。

その関係性をまずは作る為に仕事場を離れて会食を行ったりする機会を設け同じ空間で過ごす時間を作り出すのです。取引先にとっては会食は美味しい食事を食べれる接待を受ける感覚の場合もありますが、会食をセッティングする側は何とかキッカケを作りたいと思っています。そのような場面では鉄板焼きをりようすることがお勧めです。鉄板焼きと言えば、ある程度親しい人が食事を行う時に利用されるイメージもありますがそれだけではありません。

鉄板焼きで会食を行うと同じ鉄板を囲んで座る為に自ずとその距離は近くなります。同じ鉄板から食事をすることでお互いの行動や顔、タイミングを見ながら食事が進みます。食事に集中するだけではないその環境が自然と会話を生むきっかけにもなります。高級鉄板焼きは珍しい美味しいものも沢山ある為、印象としても好印象で強く残ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする